職場紹介

2016年、ITインフラ担当としての一大イベント、テレビ東京の本社移転。 ゼロからの構築。私の10年間の経験を詰め込みました。 要件定義、IPアドレス空間のデザインから機器選定、設置、稼働まで。 エンドユーザーが幸せになるには、まず運用担当が幸せになる必要があります。 その為、セキュアで可用性を担保しながらも、可能な限りシンプルな構成にしました。 さらに構築をしながらの移転対応、いかに最低限のサービス停止で乗り切るか。 限られた日程、停止のタイミングの調整、要員計画、コスト調整。 難解なジグソーパズルのようでした。 もちろん一人では無理です。 プロジェクトチーム内外のメンバーや、ベンダーの方々との分担・連携が大切でした。 案件を雨水に例えるなら、社内SEは治水工事者。 1つのシステムを溜池のように安定完結させるか、川を作って効率的に周辺を潤すか。 どちらにせよ、システムを静的に捉えるのではなく、将来を見越した設計や、連携を意識した動的な思考を持つことが重要です。 ある時は、見えないけれどもそばにある。 ある時は、強烈な利便性で主張する。 私はそんなITインフラの提案・構築を目指しています。